早漏を防止するためにもプリリジー

▼早漏改善に
広島院 包茎手術・包茎治療

プリリジーは、飲むタイプのPE(早漏)治療薬です。
ここでは、プリリジーがどういう働きで早漏防止に効果があるのかについて、ご紹介します。
勃起と射精にかかわってくるのが、自律神経にある交感神経と副交感神経です。
簡単にいうと、昼間に活発に働くのが交感神経で、夜の時間に活発になるのが副交感神経です。
交感神経は、緊張状態時に活発になり、副交感神経はリラックス時に活発になる神経です。

勃起する時に血管が膨張する際には、副交感神経が優位に働いており、射精時には交感神経が、優位に働くという仕組みですが、早漏の方は、交感神経が優位になりやすく、その際にノルアドレナリンという脳内物質が大量に分泌されます。
ノルアドレナリンは、ストレスや不安を感じることにより、さらに分泌されてしまいます。
早漏の方が、不安な気持ちで性行為に入ってしまうと、ノルアドレナリンが大量に出てしまいます。
こうなると脳は混乱してしまい錯綜した状態になり、射精の指令が異常に早く出てしまうというわけです。

PE治療薬プリリジーの主成分であるダボキセチンは、ノルアドレナリンを抑制させる「セロトニン」という物質を、増加させる働きがあります。
セロトニンの濃度を上昇させて、錯綜する脳内からの指令を正し、異常な興奮から正常な状態へと導きます。
プリリジーの服用によって射精までの時間は、服用前の4倍前後まで延びるといわれています。

PE(早漏)とED(勃起不全)の両方の症状が出ている方は、プリリジーとバイアグラなどのED治療薬との併用が効果的なケースもあり、併用は可能です。
プリリジーの入手方法は、病院処方による方法と、より安く入手することが可能な個人輸入の2つの方法があります。